「花子とアン」主演の吉高由里子といえば、喜多善男。

「花子とアン」主演の吉高由里子といえば、喜多善男。

花子とアン吉高由里子らしさ全開の花子とアン

吉高由里子はNGを結構出す。

ガリレオの時も、ありえないセリフ忘れや、
やればやるほどハマるNGなどを連発していた。

そして「くーっ!」と悔しがり、
身を捩らせるがその姿がまた可愛い。

だが、あまりにも同じような失敗が多いので、
現場レベルでは可愛いと思いつつも、
頑張ってくれ・・・という雰囲気もあるだろう。

それくらい、おっちょこちょい。
でも愛らしい。それが吉高由里子の魅力。

花子とアンもいよいよ架橋。やっと村岡花子になった。

女学校時代からの知り合いだから、ドラマで見ているよりも
関係性としては非常に長い関係性だった。大恋愛、と言って良いだろう。

石炭王がなんとなく憎めない人物で、
そこそこいい人なので蓮子の方はなんだか
どういう気持で見ていよいかわからないが、
吉高由里子の方は良かったね、と素直に思える。

もちろんドラマだけど。

これからは、出産そして戦争という時代に入っていくようだ。
なんだか、吉高由里子に暗い話は似合わない。
明るく前向きな話で終わって欲しいものだが。

それにしてもNHKは、あまちゃんの後、現代劇をやらない。
おそらくマッサンもやや古い話になる。

日本の歴史を回顧させよ、ということか。

吉高由里子が「売れる」と思った、彼女の魅力いっぱいの作品

吉高由里子というと「蛇にピアス」が有名だが、
私自身はコチラの作品のほうが「らしさ」が出ていて、可愛らしいと思う。

花子とアンでの天真爛漫な彼女を見るにつけ、
この作品の吉高由里子が時々よみがえる。

まあ、もう少しイヤラシイ感じではあったのだが(笑)。

この作品第1話。東京丸の内の・コットンクラブでの
吉高由里子との出会い、楽曲、光景は、
いつか実現したい、あこがれの世界そのものである。

小日向文世とように、タクシーの中から見える「東京」を
口を開けて眺めている気持ちだった。

心には「死」を匂わせながら。



あしたの、喜多善男。
あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~ DVD-BOX(6枚組)
あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~ DVD-BOX(6枚組)

脚本は飯田譲治、音楽は、あの世界に誇るジャズピアニスト、小曽根真だ。
この世界観、私は嫌いじゃない。あと飯田譲治ということもあるが、
どこかあの「ギフト」の世界を思い出させる。

行き当たりばったり、みんな打算的で自己中。
だけど面白そうだから、みんなで行ってみようか。そんな感じのドラマである。

そしてそのファミリーの中で、吉高由里子もその魅力をふんだんに振りまいている。

今井雅之という男の楽しさと、怖さ。
小日向文世の、驚くべき本性とスキル。
安定の生瀬勝久w。可愛らしい吉高由里子。

基本は、集団コントである(笑)。話としては重いが、意味のないシーンは殆ど無い。

沢山の驚きを盛り込んで展開される11日間。ぜひオススメしたい作品。


あと、第1話で「アローン・アゲイン」をジャズバンドが演奏している会場、
「コットンクラブ」はコレ。室内の画像がキレイで見やすいんで、
ウェディングパーティの案内ページではあるのですが。キレイです。

COTTON CLUB WEDDING|丸の内で叶う、こだわりの結婚式
ここはヤバイ。



大人のきらびやかな世界の中にるつぼ。
そこで待つ、やさぐれた少女。携帯いじりながら。

率直で、あどけなさの残る少女のような語り口で
「おじさん、死ぬの?」「なんで死ぬの?」と問いかけ、
おじさんを弄んでくる売れないアイドル。

甘い声、まっすぐ見つめてくる瞳。

こいつ・・・売れる。
と確信した。(笑)。

このドラマでは、最終盤に置いても吉高由里子は重要な役割が待っている。
そして、松田龍平、小日向文世らとの絡みは、
本当の家族のようでほっこりする。ミステリーではあるんだけど。

空前の低視聴率に終わったこの作品は、ちょっとしたドラマ賞をその年受賞した。
中身は重たくなく、ちゃんとエンターテイメントだった。

辻褄とかリアリティとかじゃない。
出演している役者陣の迫力と魅力だけでも、十分に魅了されるものがある。

まずはTSUTAYAで(笑)。

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Comments links could be nofollow free.